英単語のすゝめ

 英語学習法や英語に関するあれこれ

洋書を読むときは辞書は使わない方がいい?

洋書に挑戦してみようと思う人が1度は疑問に思ったことがあるはず。

 

 

“洋書を読むときって辞書を引かないで、文脈から意味を推測すべき?”

 

 

“読んでいれば同じ単語が何回も出てくるから辞書を引かなくても自然に推測できるようになる?”

 

 

上記もひっくるめて

洋書を読んでいるときに辞書を引かない方がいい?

に対する答えは答えはNo

 

 

分からない単語に出会ったらどんどん辞書を引くべき。たしかに同じ単語が何回も出てくるので、いずれは文脈から推測できるようになるが知らない単語がある以上、今読んでいる部分の内容を完全に理解することは不可能。

内容が理解できないと本を読んでいる意味がないしそもそもつまらない。洋書を読むのは英語を勉強するためでもあるが、忘れてはならないのは英語というツールを利用してその本から知識を学び得ることだ。だから1番優先すべきは本の内容を理解すること。単語の意味を推測することではない。それは洋書を読む上での単なるテクニックでしかない。

 

 

洋書を読んでいる時に辞書を引くメリット

①意味を調べて一回覚えてしまえば何回その単語に出会ってもその都度悩む時間をかけずに読み進められる。

 

②推測する手間がなくなるので、文脈に集中でき、その単語の使い方のパターンをインプットする余裕が増える

 

③本の内容を読み違えることがなくなる。内容を楽しめる。

 

 

ただ、

読んでいる時に辞書を引き過ぎて疲れてしまう場合は、もしかしたらその洋書のレベルが高すぎるかもしれない。1ページにつき3、4回辞書を引くくらいのレベルが適切。

 

 

辞書を持ち歩く手間を省きたいとか外でもストレスなく読みたい場合はKindleがオススメ。

f:id:englishcoach:20171115125123j:image

単語を長押しすれば辞書が出てくる。KindleアプリをインストールしてAmazonKindle版を購入すれば即読むことができる。