英単語のすゝめ

 英語学習法や英語に関するあれこれ

あなたが欲しい“英語力”は?

大学時代は英語学習法について色々調べるのが好きで、ネットや本を読み漁った。

 

新しい学習法を知っては試しの繰り返し。

 

今でも英語の学習法について新しい本が出版されるとすぐに手に取る。

でも今はすぐにそれを試そうとは思わない。

色々な学習法を試していくうちに、“英語力”という抽象的で大きな括りの中の何を強化すれば、英語を使って自分が実現したいことが可能になるのかが分かったからだ。

 

 

大学時代は、英語というものにとにかく自信を持ちたかったし、英語力というものを自分でもどう定義していいのかわからないまま英語力というものを高めようとただただ躍起になっていた。

無限にある英語学習法に関する情報に流されすぎていた。

 

それこそ

・寝る前にバイリンガルニュースというPodcastiPhoneから流し、タイマー設定をして寝ている間も聴いていた。

TSUTAYAで洋画を毎月7本くらい借りてきてとにかく見まくった。英語字幕にして2度見たりもした。

・conversationexchange.comというサイト

www.conversationexchange.com

で知り合った日本在住の外国人とskypeで話したり、カフェで会ってお互いの言語を教えあったりした。

・Lang8という英文添削サイトで英語で日記を書いたりして添削してもらっていた。

 

 

挙げればキリがないけれど、ありとあらゆる学習法をすぐさま試していた。

 

 

様々な経験ができて楽しかったことしか覚えていない。

 

 

英語力が高ければ、読んだり聞いたり書いたり話したりできるけど、目的によっては全部一気にできる必要はない。徐々に他のこともできるようになればいい。

 

 

あなたは英語で何をしたいですか?

 

 

それによって選ぶべきことが変わる。

 

 

今の自分は英語で日常会話やビジネスの場面で会話ができるだけでいい。

話せる単語のスペルが書けなかったとしても気にならない。話せさえすれば。

 

 

 

そうなると洋画を見て学んだり、通勤電車の中でPodcastでリスニングをしたりするのがかなりの時間の無駄だと思うようになってきた。

 

 

今はもう、洋画=娯楽/通勤中のリスニング=暇つぶし 程度にしか感じられない。

 

 

英語のシャワーを浴びると英語ができるようになるというリスニング教材が多いけれど、これで英語ができるようになる条件は1日8時間以上英語を聴き続けること。よくイマージョン教育と呼ばれている教育法。

 

 

今の自分の英語学習の中心は、洋書。

 

 

ビジネス書を読むのが元々好きでKindleで沢山本を読んでいる。

ある日、大きな書店に行くと、洋書コーナーで自分が読んだビジネス書の英語バージョンが目に留まった。

日本語ですでに内容を理解しているから今度は英語でもう一度読み直してみようとふと思った。

 

 

まずは一冊だけ試してみようと、日本語版でもかなり話題になった『チーズはどこへ消えた?』の洋書を選んでみた。

 

 

▼Who Moved My Cheese?/Spencer Johnson

ビジネス書だけど物語形式で話が展開していき読み始めるとあっという間に終わってしまう。IBMApple、ベンツなどの世界トップ企業が社員教育で採用したと言われている本。変化が起きた時に人々はどう対応すべきか?一度成功を収めるとそれに固執しがちになる心理からどうすれば脱却し更なる幸せを得ることができるのかが描かれている。

Who Moved My Cheese?: An A-Mazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life

Who Moved My Cheese?: An A-Mazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life

 

 

日本語で1回読んでいるので、ストレスなく英語をどんどん読み進められた。

しかも、Kindle版で読むと単語の長押しで意味をすぐ検索できるのでその場で解決。

 

 

楽しくて楽しくて通勤電車でも家に帰っても夢中で読み進めた。

 

 

洋書に夢中になってから、変化を少し感じた。

 

 

頭の中が英語でいっぱい、という感覚。

同時に自分の中の語彙も増えている感覚。

 

 

日本語を介さずに英語で考えることができるようになっていくような気がする。

これなら自分の求める“英語力”を手に入れることができそう。

 

 

ちなみに今は次の本に突入している。